合宿免許と持ち物について

###Site Name###

合宿免許に行く際、しっかりとしておきたいのが持ち物の準備です。

必ず必要になってくるのが、入校の際に必要な書類や住民票、身分証明書や印鑑等です。

これらは忘れてしまうと、入校自体が出来ない状態になってしまいます。
もうひとつ、視力が悪い人の場合、眼鏡やコンタクトがなければ、教習を受ける事が出来ません。

ですから、忘れずに持っていく事が大切です。


筆記用具は学科に入るとすぐに必要になってくるので、持ち物として準備しておく事がお勧めです。

そして、持ち物として準備をしておきたいのが、着替えです。



着替えは動きやすい服装を多めに持っていく事、そして運転しやすい靴を持っていく事が重要になってきます。

合宿免許の情報をご紹介いたします。

運転に適さない靴で参加した場合、現地で靴を調達する事になってしまいます。

ですから、忘れずに準備をしておく事がお勧めです。
この他、タオルや洗面用具等が揃っていない場合、しっかりと用意しておくと良いでしょう。



合宿免許は2週間程度の滞在となります。その期間中、体調が悪くなる可能性もあります。
ですから、普段飲む薬がある場合、持って行っておくと、滞在先で体調を崩した場合でも安心です。


教習所の周辺に商業施設が充実していれば、必要最低限の持ち物で、それ以外は必要に応じて現地調達でも良いでしょう。

ですが、合宿免許を利用して、少しでも安く免許を取得したいと考えるのであれば、必要な持ち物はしっかりと準備をしておく事がお勧めです。